Googleストリートビュー制作コンサルティング

2017年4月。Googleストリートビューのルールが大幅に変更され、Google Street View Editorの運用が停止されました。Googleストリートビューの認定フォトグラファーの皆さんは今や自分自身の手で撮影画像のスティッチングを行う必要に迫られています。認定代理店に撮影データを渡して後処理を任せてGSVにアップロードしてもらうよりも、ご自身で全ての工程を学んで身に付け業務遂行できれば、認定代理店に囲い込まれる必要もなくなります。つまりは、売り上げの全てを得ることになります。VR factoryでは豊富な経験と知見を基にして、ストリートビュー制作のコンサルティングを行っています。3つのプログラムをご用意しました。

A)撮影後のワークフローについてのレクチャー(所要時間 : 約8時間, 料金 : 25万円)

Googleストリートビューのワークフローに則って撮影された画像を、効率的かつ確実にパノラマにする方法をレクチャー。
このプログラムでは撮影に関する内容は一切ありません。
・段階露光撮影したJPEGデータをHDR化してパノラマの元画像を作る方法の解説
  HDR化ソフトウェアの選択とその基本的な使い方

・スティッチングソフトウェアを使ったGSV用パノラマ画像作成方法の解説
  スティッチングソフトウェアの選択とその基本的な使い方
  実装された多機能からストリートビューに特化した部分を選び抜いて、効率的なワークフローを解説

・スティッチングソフトウェアを使ったバッチ(一括)処理方法の解説
  Googleストリートビュー製作に特化したバッチプロセスの提供と説明
  わずかな時間に大量のパノラマ画像の一括作成が可能になります

Photoshopを使ったパノラマ画像の編集方法についての解説
  Photoshopを使ったNadir=底面の三脚処理の方法
  部分的な「ぼかし」加工の方法
 
Googleストリートビューにアップロードする方法の説明
  もっとも簡単で確実な方法の解説。顧客別にパノラマ画像を管理する方法

・アップロードしたパノラマ画像のリンクのさせ方(各ポイント間の接続)の解説


ご注意
上記には、スティッチングソフトウェアの他に、いくつか有料の(決して高額ではない)ソフトウェアを使うパートがあります。
スティッチングソフトウェアとPhotoshopがあれば、GSVにアップロードするパノラマ(Equirectangular)画像の製作が可能です。しかし、GSVの仕様の性格上、案件ごとでも、やはりある程度のボリュームの製作になります。これらの作業の効率化(ワークフローの短縮化)を検討される方に向けて、以下の「B」プランをご用意しています。( ※ 3rd partyGSVサービスを利用される場合は、このプランは必要ありません。)

B)パノラマ画像編集ソフトウェアに関するレクチャー(所要時間 : 約3時間, 料金 : 7万円)

パノラマ画像を編集する多機能ソフトウェアにGoogleストリートビューのサポート機能が実装されたことを受け、Googleストリートビューに必要な部分に関する機能と使い方の解説を行ないます。このソフトウェアは、現在Googleストリートビューに向けた機能強化を図っており、パノラマ画像編集(ぼかし処理など)を行うほか、作成した複数のパノラマのリンク(各ポイント間の接続)処理の後、ソフトウェア上から直接Googleストリートビューにデータをアップロード、公開することが可能です。

ただし、現時点ではまだこのソフトウェアはβ版であること、GoogleストリートビューのAPIの動作が不安定なことから、状況はまだ確実ではないことをご承知置きください。

C)撮影機材と撮影方法、後処理に関するレクチャー(所要時間 : 約5時間, 料金 : 10万円)

GSV認定代理店からストリートビューの撮影方法をレクチャーされた皆さんは、同じ様な撮影機材を使って同じ方法で撮影を行なっていますが、これらはプロのフォトグラファーから見れば総じてアマチュアレベルのものでしかありません。撮影クオリティが低く安定性と信頼性に欠け、得られる画像データの画質も良くはないものです。

撮影を伴うコンテンツ制作では、一次入力である撮影が最も重要な制作パートになります。いままでGoogleストリートビューのワークフローしかご存知の無い方にとっては、聴けば正に「目から鱗」となる、撮影機材とその適切な使い方、撮影技術について合理的かつ実践的にレクチャーします。
・現在使用されている撮影機材を最大限に有効活用できる撮影方法を解説
 (GSV代理店の撮影マニュアルでは達成できない画質が得られます。)

・ストリートビュー撮影に適した撮影機材、あると便利な機材の紹介と解説

・撮影機材のキャリブレーションと撮影方法の解説

・撮影したデータのポストプロセッシングについての解説

このレクチャーには、実際にお使いになっている撮影機材をご用意ください。
機材の購入を勧めることは一切ありません。
全てのレクチャーは、守秘義務契約を交わすことを必要としますのでご了承下さい。


コンサルティング料金(1社、対象者2名迄):A)25万円  B)7万円  C)10万円


出張費: @ / day
東京都区内:無料
東京都区外, 埼玉県, 神奈川県 ¥5,000-
※別途交通費実費を頂戴いたします。
その他地域(関東圏内)¥10,000- + 交通費実費
その他地域(関東圏外)¥15,000- + 交通費実費
宿泊が発生する場合は別途宿泊費実費を頂戴します。
料金は全て消費税別とさせていただいております。